BJP_WEB__STAFF_BLOG

  2020年5月30日
YOKOYAMA30。
 
  米軍横須賀基地。グリーンマリーナにて。

基地内もコロナウイルスで規制中ですが・・・・・

 
   
  2020年5月24日
LEOPARD44。
 
  韓国の友人がLEOPARD44の中古をカリブ海からシッピングで輸入した。

一時はセーリングでデリバリーを考えていたが40日もかかるのと、パナマ運河の通航料が高いのでシッピングを選んだそうだ。

これからリメイクしてチャーターに使用するか?買手が見つかれば売却するか?

どちらにせよパワーに満ち溢れていることは確か・・・・・・。


 
   
  2020年5月22日
ハワイの話。
 
  コロナ緊急事態宣言の中、ハワイの友人とLINEコンタクト。
ワイキキビーチ近くの飲食店が売りに出されたので、購入希望者を探して欲しいとのこと。

いろいろ探したハワイ情報の中、今はすでに更地になってしまった「ALA WAI MARINE」の建物の画像を見つけ出した。

1994年と1996年のKENWOOD CUP参加の後、ASAHI SUPER CUPの運営などで訪れた地。

ハワイで初めてのセーリングで乗ったのは某、日本人オーナーのチャーターした「J35」。

ワイキキ沖からダイヤモンドヘッドを少し回り込んだカハラビーチあたりまでの往復・・・・

その海の美しさには感動させられた思い出がある。


今は、コロナウイルスの影響でハワイの街も海も日本以上に規制されている。


 
   
  2020年5月17日
HARKEN製マスク。
 
  イタリアから輸入されたHARKEN製マスク。
白無地にHARKENロゴ。
子供用もあるとのこと。


 
   
  2020年5月5日
200tフェリー。
 
  ゴールデンウイーク(コロナ騒ぎで休日気分ではないのですが・・・)に入って、200tonのフェリーの問い合わせが入りました。

この手の船は数年に一度の割合で問い合わせがあるのですが、実際に商談成立にはなかなか至らないものです。

全長42m、定員200名、乗用車で約20台。
搭載エンジンはDAIHATSU DIESEL 950ps。

 
   
  2020年4月27日
ALBIN28のシャフト交換。
 
 

4月27日09:00に牛窓ニシナマリンに集合。
この日の人員はEngineerの島田、Driverの芝とワタシの3名。

高澤製作所に依頼した新しいシャフトが完成し、ようやく取付作業となった。
シャフトと一緒にカップリングも新製作。

思えば、インバータートラブルから始まり数々のトラブルを解決し、さあ納艇となり出航準備に取り掛かった途端、スターンチューブ付近から激しい浸水。

で、今回の大作業に至ったワケです。

しかし、カップリングとシャフトを完全に作り替え、全てが完了。

下架後は桟橋での恐る恐るエンジン回転をあげ、舫ったままで前進後進。
異常なし!

舫を解き、牛窓沖を1500rpm、2000rpm、2500rpm、3000rpmとスロットルを開けていく。
メカさんとドライバーは何度となくデッキ下の狭いストレージに潜り込み、カップリング、スターンチューブを確認する。

回転数に合わせOKサイン。

浸水の傾向は全くなく、笑顔で帰港。

そして、ようやく納艇出航となったのですが・・・・・

しかし、しかし・・・・・コロナウイルス規制で、ほとんどのマリーナなどが封鎖中なのと、途中の港が出入港にも規制あり。

納艇先まで500マイルほどあるため、コロナ規制が緩和されるまで待機となりました。




   作業前の詳しい情報



      作業後の詳しい情報
 
   
  2020年4月15日
YAMAHA23上架、船底塗装、帆走。
 
  4月15日08:30に今津PBCに集合。

新オーナーといつものSチャンとワタシの3名。

09:00にクレーン作業開始。
フジツボ落としから高圧洗浄、ボトムペイント。船名ハガシ。バフ掛け。デッキ洗浄を終え、夕刻に下架完了。


15:00からSチャンも同乗のセーリングレクチャー 。

西宮ボートパークと甲子園浜間の2〜3ノットの南の風を利用してメインセイルアップの方法からジブファーラーを展開し、ビギナーのためのアビームでのハンドリング練習を往復10回ほど行った。

最後にはティラーとメインシートの操作を行えるまでに成長されました。

そして初めてのジブトリムのSチャン。
ダイビングからパワーボート操船となんでもコナシてくれます。

 
 
   
  2020年4月11日
免許取立て、ヨット初体験のシングルハンドで50マイル。
 
  4月11日08:30に50マイル先の西宮を目指し 姫路市網干を出航。

新オーナーさんは40歳代(若いの意味)とはいえ船舶免許を取得したばかり、ボート乗船経験は免許受講時のみ。さらにヨットも初体験。そして船外機!!!
その上、シングルハンド!!!

こちらは海苔網と潮の流れのみをアドバイスしての出航となった。

事前にエンジンテストなどは完了していたのですが、ボトム状態は不安・・・・

一応、陸上からのサポートは準備していたが、その心配は全くなく、こちらが思う速度よりも速く、13:44には明石海峡大橋を通過、15:28には神戸空港を通過との連絡もつかの間、16:45分には西宮ボートパークに着岸されたのにはオドロキ(感動)でした。

15日には、今津PBCで上架し船艇整備などを行う予定です。
   
 
  姫路市網干から西宮浜までの航路図(新オーナー案)
初航海の印象は「怖かった!」

 
   
  2020年4月7日
コロナウイルスの緊急事態宣言の初日。ロシア・カムチャッカに向けての輸出申請。
 
   
  4月7日
コロナウイルスの緊急事態宣言の初日。
ロシアン4名を乗せて、カムッチャカに輸出する45フィートのセーリングクルーザー。

この艇の輸出申請に「尼崎税関支署」にファイル一冊の量の書類提出。
税関内部はコロナ対策のため人員を減らし最低人員での対応で、改めてウイルスの恐ろしさを認識した。

輸出許可は意外に早く出してもらったが、4月3日からロシアと日本の往来も禁止されており、船の輸出は問題ないが、人間(イミグレーション)はヒヤヒヤもので 下関入国管理局に問い合わせ、これまでの彼らの1ケ月の行動を報告すると、ギリギリのセーフで日本国内の移動はOKの返事をもらったが、出国してからロシアへの入国は解らない?

まぁ、とりあえずは8日0600に出航できた様子なので一安心。

ロシアンチームは2艇のヨットで数ヶ月間フィリピンで過ごし、ウラジオストックとカムチャッカに帰る途中だったが、1艇は鹿児島沖でエンジントラブル、もう1艇は沖縄でミッショントラブル、そして西宮で購入した艇の3艇が福岡でミートする予定だったが・・・・・


そんな中、7日夜に「福岡市ヨットハーバー」さんからの電話連絡。
4月7日から休館の知らせ、船の出入港さえ禁止に・・・・・・



画像上は「RUSSIAN YACHTING FEDERATION」の船籍証書?
不思議なことに船を証明するハルナンバーやシリアルナンバーなどが一切記載されていない。実にアバウト!?






  2020年4月5日
岡山・牛窓へ。
 
  4月5日
三たび牛窓へ。
例のALBINの納艇まじかになってスターンチューブ付近からの水漏れ・・・・・


シャフトを抜き取るために「ニシナマリン」さんで先日上架。

抜き取ったシャフトを、いつもの「機械屋 島田」さんにチェックしてもらった。
結果、前後で数ミリの歪みが確認され、シャフトごと交換となりました。

しかし、整備環境は申し分のない、ニシナマリンさんの艇庫内。

さてさて、どのような結果になるのでしょう???





   
  2020年4月2日
ロシアン、2艇のトラブル。
 
 

4月2日
ロシア船籍のFEELING40とTREKKER42の2艇が、フィリピンから沖縄・与那原を経て福岡に向かっていたのですが、FEELING40が鹿児島近郊でエンジントラブルとの連絡。

海上保安庁に曳航され鹿児島いちき串木野に入港した。
原因はインジェクションポンプらしい・・・・・

YANMAR 4JHTE。
近くのヤンマーディーラーに助けを求め無事復旧。

同日、もう1艇のTREKKER42。
こちらはフィリピンを出る時からミッションにトラブルを抱え、日本からパーツを持ち込んだのですが、与那原でダウン。

画像のミッションがそれ、こんなのスグにあるわけないので、沖縄ヤンマーに依頼するように勧めた。

それにしても2艇で一緒に走ればイイのに?と思うが・・・・・・。

ロシアンはいつも自信過剰で出航前はほとんどメンテをしないのが原因。
こちらのアドバイスには全く応じない・・・

4月4日に西宮からBENETEAU45を出航させるのですが・・・・・
整備は任せてもらえず、自分たちで出来る!!!の一点張り。

まぁ、任せるしか方法がありません。


   
  2020年3月29日
BENETEAU45のボトム洗浄と出航、着岸。
 
 

29日(日)08:30からダイブ開始。
2年以上も動いていなかったBENETEAU45のボトム洗浄のためにSチャンに潜ってもらいました。

さすが、プロダイバー。
なんの躊躇もなく真っ黒な海の中へ。

まずは、ダンゴ状態になっていたスクリュー周りのフジツボを取り除き、スクレッパーを持ち替えてラダーへ。

その間、約2時間。
この日は強風で、船が動きまわり洗浄作業は困難だったとのこと。

これで、出航OKなのですが、進行方向の北の風が10mほどあり、その上全く初めての船。
大勢の人の助けを借りながら、なんとか桟橋を離れることに成功した。

移動先の「今津PBC」まで、距離にしてわずか1マイルもないのですが、水深の心配と今津港の
入口は工事中のため要注意。

同乗者は3名。
ワタシとSチャンと一文字YCの有志1名さんが参加してくれました。

強風のため入港航路にはある程度のボートスピードが必要、しかし水深も心配・・・・
スピードを落とせば工事杭にぶつかるかオンザロックの危機の中、なんとか桟橋に着岸できた。

あとは、ロシアンの引き取り日を待つばかり。

一文字YCのみなさんありがとうございました。

 
   
  2020年3月23日
YAMAHA23IIの検船立会いと、
CATALINA30福岡小戸(福岡市ヨットハーバー)に着岸と、
ロシアンのコロナウイルス問題。
 
   
 
 

CATALINA30は西宮から4日間のシングルハンドで23日小戸(福岡市ヨットハーバー)に着岸。
途中エンジントラブルとオートパイロットの不調もあり約半日以上も予定をオーバー。

同昨日、姫路市網干ボートパークに保管中のYAMAHA23IIEXの検船の立会いに出かけました。
ヨット購入者さんには珍しい40代と30代の若いご夫妻。
早々に購入の意向で話は進展させて頂きました。

事前に船に行き、エンジンをはじめ航海灯、装備品の点検を始めたのですが、船外機に直接触れるのは実にYAMAHA26SC時代の数十年ぶり(いつもは整備さん任せのため)。

まず、YAMAHA船外機9.9psの燃料タンクとエンジンをホースで繋ぐことから四苦八苦。
ホースのつなぎ方に方向性があることを発見!

次にチルトダウン(手動)に成功。
次にエンジンスタートを試みるが、掛かってくれない?
なんとセルモーターが付いていた。
偶然発見したセーフティキルスイッチを差し込むと快調に掛かってくれた。

まぁ、なんとかこうにか全てが解決したのは1時間後でした。


その夜、ロシアンのSERGAYクンからのWhatsAppが・・・・・・・
現在PHILIPPINESはLUZONから沖縄〜長崎〜福岡を経てVLADIVOSTOKに戻りたいが、PHILIPPINES Gone crazy with the virus. All cities lock down.

沖縄入港は是か非か?   I hope they will let us in ・・・・24日早朝から沖縄税関、沖縄税関運輸管理と厚生労働省(検疫)に打診中。







   
  2020年3月22日
FARR43の納艇完了とCATALINA30来島海峡へ。
 
  21日、昨年の台風の影響があり、長期間に渡って保留状態が続いていましたが、昨日千葉館山港から横須賀米軍基地内のプライベートマリーナにデリバリー。

こちらも、CATALINA30と同じように購入者のRONさん自らのデリバリー。

船は館山で事前整備をしたので、快調とのことでした。
   
 
  一方、CATALINA30は、その後エンジンも快調とのことで、昨日の連絡では「海の駅今治」で少しの休憩後に来島海峡から関門海峡を目指しておられると思います。

画像は来島海峡手前。


 
   
  2020年3月20日
CATALINA30、瀬戸大橋与島入港。
 
  20日早朝に姫路(オクムラボート)を出航したCATALINA30は、家島諸島北から豊島沖で
オートパイロット(ST4000)が壊れてしまったそうで、シングルハンドで自ら操船。

昨年末、同じST4000が同じようなトラブルが発生したことを思い出しました。
モーターは回るがベルトが滑る症状。
これはベルトを交換するしかありません。


西の風は相変わらず10ノットオーバー。

途中、瀬戸大橋の与島で休憩する新オーナーとCATALINA30。

次なる難所は来島海峡。
来島を抜けるか宮之窪を抜けるか?



   
  2020年3月19日
CATALINA30出航後にトラブル発生とALBIN28の納艇整備の続き。
 
 

19日03:00前に西宮を出航したCATALINA30からの緊急連絡。
「白煙がひどく1500rpmで水温異常の警告音」

明石海峡を通過したとのことで「姫路的形のオクムラボート」さんに入航許可を取り12:00前に着岸させて頂いた。


その頃、ワタシと整備さん2名は「レジーアマリーナ」さんでALBINの整備に追われ、CATALINAに行けたのは日没寸前。


早速に「機械屋・島田」さんに診断してもらい、オーバーヒートの原因を探ってもらった。

まずは海水ストレーナー付近のホースが折れ曲がっている?
そのホースを交換。
次にキングストンをチェック。
次に冷却水ホース。

そして、出航前に交換したインペラを念のためにチェック。

ヒートエクスチェンジャーを飛ばして、次のホースを探ると、そのホースも折れ曲がっており、そのホースの折れを修正し、取付場所を変えると魔法にかかったように白煙も出なくなった。


出航前のチェックでは全く問題はなかったのですが、原因はシンクのフットポンプに冷却ホースが干渉し折れ曲がってしまったようでした。

ほんの小さなトラブルなのですが、大きなトラブルに発展するところでした。

20日AMは家島諸島北を航行中。


ALBIN28は作業予定の90%が完成!!!
間もなく出航準備にかかります。


   
  2020年3月16日〜
CATALINA30とALBIN28。
 
   
 
 

16日はALBIN28が保管されている岡山・虫明のレジーアマリーナへ、納艇前の最終チェックに来て頂いだのですが、数カ所の不良箇所が見つかり再度チェックしてもらうことに・・・。

中でも一番の課題はインバーターでエアコンを稼働させること。
何度もトライしているのですが、エアコンメーカーやインバーターメーカーに問い合わせると、インバーターでの稼働はどちらも推奨はしていないとの回答。

ついに、弊社自慢の機械屋さんに登場してもらうことになりました。

そして、もう1艇のインバータートラブル艇も後日機械屋さんに診断してもらうことに。

そしてそして、19日に福岡に向け西宮から出航するCATALINA30は整備も完了、燃料補給も今津パワーボートセンターで行い、17日に譲渡証書を受け取り、その足でいつものJCI大津支部で船籍港、名義変更を済ませた。

購入者さんは福岡までは4日かけてのシングルハンドで回航されるとのこと。
約310マイル。5ノット平均ノンストップでも2日半。

SAILKOTEとCRCと補修用の糸とハリを差し入れ。

画像上から
ALBIN28GETAWAY
JCI大津支部からの琵琶湖南湖の風景。
琵琶湖から京都に通じる琵琶湖疎水。
CATALINA30。







   
  2020年3月12日〜
CATALINA30、PETERSON30、BENETEAU456、そしてALBIN28の納艇。
 
  CATALINA30のガンネル修理も完成し、あとは引き渡し日を待つのみです。

PETERSON30は燃料ポンプを交換し、あとはインバーターにトラブルあり?

BENETEAU45は要ボトム洗浄、ダイバーさんに任せなければ・・・

ALBIN28もインバーターに問題あり。現在修理中。

すべて今月中に納艇です。

本来、もう1艇あったのですが、コロナウイルスのため、韓国から来日不可で、3月はキャンセル・・・・・に。




   
  2020年3月6日〜8日
CATALINA30の上架整備。
 
  納艇前の上架整備を3日間、今津パワーボートセンターで行いました。
主な整備箇所は、いつものエンジン消耗備品交換、船底洗浄、船底塗装、ペタクリン塗布、シャフトジンク交換に加え、木製ガンネルの補修、コックピットのチークデッキのサンディングとデッキを高圧洗浄。

特にガンネルの欠損と腐りには事前準備を3日が必要でした。

8日夕刻には全てを完成させ、ホームポートに戻せました。

納艇先は福岡です。


   
   
  2020年3月5日
関西ボートショー2020 中止のお知らせ。
 
  関西ボートショー実行委員会は、
新型コロナウィルスの感染が拡大する中で、
来場者および出展関係者の健康や安全面を第一に考えた結果、

4月3日から5日までの3日間、
新西宮ヨットハーバーで開催を予定しておりました
「関西ボートショー」の中止を決定に至りました。

 
   
  2020年2月28日
VOLVO 2003S。燃料漏れ修理完了。
 
 

25日に燃料漏れ箇所を「機械屋 島田」さんにチェックしてもらい、即刻パーツ発注。

やはり燃料ポンプが原因でした。

27日にはパーツが供給され、28日に1時間ほどで取り付け完了。

その後稼働確認をして漏れなしでした。
3月1日には赤穂に戻ります。

ちなみに・・・・ワタシの出会ったディーゼルエンジンの最高使用時間記録は9,700時間。
このエンジンはセーリングクルーザーではなくフィッシング用のボートでYANMAR4JHですが
もちろんOHを数度行っていたエンジンでした。

セーリングクルーザーでは30年モノのエンジンでもせいぜい2500時間から3000時間程度ですが、500時間ごとには整備が必要な上、場合によっては1000時間から2000時間でバルブの擦り合わせなどが必要で2500時間程度でOHすればと思います。

これはYANMAR、VOLVOでも同じことが言えます。




   
   
  2020年2月22日・23日
赤穂から木場へ
 
  1987年モデルのPETERSON30を上架のため、赤穂浪士で名高い赤穂港にある千鳥BPから姫路木場YHまでいつものSチャンと新オーナーの3人で5時間かけてのデリバリー。

小雨です。

播磨灘には大きな範囲で海苔網が・・・・

フジツボが付着しているためボートスピードは3ノット程度。
その上1ノット程度の逆潮でゆっくりゆっくり・・・・

途中、相生あたりから西風に出会え速力は1ノット程度アップした。

木場到着と同時に上架とボトム洗浄とセールドライブのジンク交換と船名ハガシ。


新オーナーを加えて総勢4名(ワタシはメカのアシスタント)

キャビン内では、いつもの消耗備品交換(エンジン、ミッションオイル、ベルト、燃料、オイルフィルター交換、インペラ、ジンク交換(旧ジンクは腐食し原型を留めておらず))

インペラとベルトは新品に交換したが、旧パーツはまだ使用可のため予備パーツとして船に残した。

通常の消耗備品交換の場所ではない、どこからか大量に漏れている!?の指示。
どおりで出航前から軽油臭いと感じていたが・・・・


床板を剥がすと、床一面とミッション部分に大量の軽油が溢れていた。


作業は一旦休止、翌日早朝から軽油の摘出作業を3時間かけて、完全にドライにした。

上架中のためエンジン稼働が出来ず(できるが)
下架後、エンジン始動し再確認のためエンジンルームを覗くと、ボタボタと燃料ポンプから軽油が落ちこぼれていた。

即刻、赤穂帰りを諦め、船を木場に残し25日に修理にかかることとなってしまった・・・・。




   
  2020年2月20日
JAPAN BOATSHOW 2002中止
 
  20日、ジャパンボートショー2002がコロナウイルスの影響で中止との発表がありました。


   
  2020年2月17日
千葉・館山
 
  17日、千葉・館山は強風のため出航不可。
また来週トライ。


   
  2020年2月9日
DOUBLOON 36
 
   
 
  DOUBLOON 36。
昨日、浜寺ボートさんで完成された「DOUBLOON 36」を見学させて頂いた。

実はこのフネ、一時期BJPでも扱わせてもらっていましたが、改めてリメイクに至りました。

このダブルーン36はニューポートの北東に位置する「CONCORDIA YACHTING」で建造
2009年に日本に1艇のみ輸入された。

一見はビンテージヨットに見えるのですが、建造年は2009年。
その全長は36フィートだが全幅は30フィートクラスのスリムなデザイン。

長期クルージングや居住性には不向きだが、デイセイリングのためのフネで、ただ単に見ているだけでもワクワクさせられる、ちょっと大人のヨットでもあり、
映画「Massage in a Bottle」にもCONCORDIAメイドのフネが登場している。

そして、エンジンはYANMAR 3YMシリーズが搭載されている。

現在は「浜寺ボート」さんで販売中。
http://www.hamaderaboat.co.jp



   
  2020年2月3日
MASTER MARINE FS560CAと云うカタマランセーリングクルーザー
 
   
 
 

MASTER MARINE。
マスターマリンは韓国の南西に位置する「木浦(モッポ)」にあるボートビルダー、

そのカタログの中で見つけた56フィートのカタマランセーリングクルーザーです。

まだ、実艇ではなくイメージイラストですが、いづれ完成時にはシートライアルに出かけたいものです。

このMASTER MARINEは本来パワーボートのビルダーで20フィートクラスのフィッシングボートから100フィートオーバーのモーターヨットまでを建造している。




   
  2020年1月26日
BUKHと云うエンジン
 
 

 
  全く初めて出会うエンジンでした。

このエンジンは1991年モデルのX99に搭載されていたモノ。
早速ネット検査し、船体と同国のデンマーク製であることが判明。

しかも「ミズノマリン」さんが日本総代理店。

バッテリーを交換して一発始動!

製造型式の正式名称は「ABENRAA MOTOR BUKH DV-10LSME」製造番号802299。

日本名は「ブッカ」?「ブク」?

 
   
  2020年1月17日
US NAVY STAMP
 
  ようやく、名義変更が完了しました。

通常日本国籍以外の外国人所有艇の名義変更には、印鑑証明が発行される国は別として、サイン証明書が必要なワケで、在留米国軍人さんはサイン証明書が必要ではなく、US憲兵の証明スタンプがあれば全てOKで、書類手続きが完了しました。

現在に至った経緯にはJCIに数度問い合わせをし、US憲兵のスタンプでOKと確認できました。
今回は横須賀基地のマリーナに納艇です。

 
   
  2020年1月12日
2020年NEW SAILING BOATS
 
 

昨年末から今年の仕事始めに、BENETEAU 、JEANNEAU 、HANSE の3艇を新しいオーナーにオススメさせて頂いています。

3艇にはそれぞれ個性があり、正直なところ、どの艇がベストなのかもチョイスは難しいものです。




   
  2020年1月6日
YANMAR 新4JH
   
 
   
 

昨年末からヨーロッパからの輸入新艇を見せていただく機会があり、そのフネに搭載された主機エンジンが VOLVOではなく全てがYANMARに変更されているのが気になった。
それらのエンジンはYANMAR製だが国産ではなくYANMARオランダメイドとのこと。
シートライアルは出来なかったが桟橋のみでそのエンジンを体験させて頂いた。

いわゆる、新型4JHエンジンで、燃料噴射系統にコモンレールシステムを採用したフル電子制御エンジンで、USA・EPA(Environment Protection Agency)Tier3規制もクリアしている。

すなわちダイレクトインジェクションにより高燃焼を実現、環境性、静粛性、黒煙、排ガスの臭いを約80%、振動騒音を約30%、エンジン音を4db減少させています。

そのためなのか非常に振動が少なく、音も静かで、今までの4JHとは全く異なる世界観でした。

今後、さらに周辺機器も進化するとのことでした。

一部、YANMARさんのHPから流用。